お電話で
06-6994-5963

住む人も働くひとも居心地の良い我が家へ

障がい者グループホーム
きゃめる

グループホームとは

障がい者総合支援制度のひとつである「共同生活援助」の事をいいます。自立に向けて、障がいのある方が複数人で一つの居住に住み、世話人・生活支援員(日勤・夜間)と一緒に生活しています。 そこで、「出来ること」を増やしたり、また「出来ない」事をどの様に支援してもらうか。などチャレンジし、継続し、「生きている」を感じながら過ごしています。シェアハウスに介護スタッフがいるイメージがざっくりとしては合っているかもしれません。施設のような雰囲気ではなく、家族のような雰囲気なのも特徴です。※働くのに資格も現状いりません。

家の紹介

1日の仕事の流れ

ホームの
1日
職員の
仕事
wb_sunny
6:00
出発
準備
〜10:00
食事・
更衣介助等

ホーム外

日中活動

デイや就労など

15:00〜
18:00〜
21:00
余暇活動・
入浴介助等
brightness_3
掃除・
排泄介助・
見守り等

管理者から一言

グループホームきゃめる
管理者 大野
管理者の大野です。うちのグループホームきゃめるの特徴は、なんといっても「身体障がい者特化型」完全バリアフリーの新築住居です。10名の方と毎日、笑い・時に泣き、季節の行事も楽しみながら「住む人も働くひとも居心地のいい我が家」をテーマに大家族として過ごしています。見学もOKですのでお気軽にお電話ください。

スタッフ倫理

  • 一、私たちはこの場所が他人の家だと認識し、職務を遂行します。
  • 一、私たちは、グループホームきゃめると法人の基本理念「自主自立」を心に留め、3つの自立(身体的自立・精神的自立・経済的自立)を心掛けます。
  • 一、私たちは、入居者が不快に思う愚痴やネガティブな発言をしない様に気を付けます。(特に声が聞こえやすい夜間)
  • 一、私たちは、主観や思い込み等により、独断で障がい者支援をせず、法人の理念・方針を重視し、「ほうれんそう」を遵守、組織一丸となって障がい者支援を行います。
  • 一、私たちは、日々振り返りと自己研鑽を心掛け、攻めの姿勢を心に留め、志をもって事にあたります。(志事)

※当事業所は、特定処遇改善対象事業所です。