お電話で
06-6994-5963

障がい者総合支援事業

障がい者総合支援事業とは

障がい者総合支援法に基づき、障がいのある方が住み慣れた地域で安心した生活ができるように、ホームヘルパーや介護福祉士の資格を持つ介護職員がご自宅へお伺いし、身体介護や家事援助など日常生活を送る上での必要なサービスを行います。 一般社団法人らくだでは、ホームヘルパーの有資格者がお客様のご自宅に訪問し、食事や入浴の介助など日常生活のお手伝いをします。

訪問における障がい者総合支援
(居宅介護・重度訪問・同行援護)とは

障がい者総合支援法に基づき、障がいのある方が住み慣れた地域又はグループホームなどで安心した 生活が出来、且つ「自立」に向けて、ホームヘルパーや介護福祉士が自宅(居住場所)へお伺いし、身体介護や家事援助など日常の生活を送る上での「見守り」「支援」「相談」など必要なサービスを行います。

サービス内容

居宅介護

障がいの有無に関わりなく基本的人権を享有する個人として日常生活や社会生活を営めるよう、障がい者の在宅生活を支援する訪問系の最も基本的な介護サービスです。

サービスの内容

[身体介護]
入浴、排せつ、食事等の介助
[家事援助]
調理、洗濯、掃除、生活必需品の買い物など
[その他]
生活等に関する相談や助言
その他生活全般にわたる援助

重度訪問介護

重い障がいのある方の地域生活をサポートするサービス

サービスの内容

重度の肢体不自由または重度の知的障がいもしくは精神障がいがあり常に介護を必要とする方に対して、ホームヘルパーが自宅を訪問し、入浴、排せつ、食事などの介護、調理、洗濯、掃除などの家事、生活等に関する相談や助言など、生活全般にわたる援助や外出時における移動中の介護を総合的に行います。 このサービスでは、生活全般について介護サービスを手厚く提供することで、常に介護が必要な重い障がいがある方でも、在宅での生活が続けられるように支援します。

同行援護

視覚障がい者の不安と不便を解消し、安心して出掛けるためのサービス

サービスの内容

移動に著しい困難を有する視覚障がいのある方が外出する際、ご本人に同行し、移動に必要な情報の提供や、移動の援護、排せつ、食事等の介護のほか、ご本人が外出する際に必要な援助を適切かつ効果的に行います。 単に利用者が行きたいところに連れて行くだけではなく、外出先での情報提供や代読・代筆などの役割も担う、視覚障がいのある方の社会参加や地域生活において無くてはならないサービスです。